木工家ウィーク2010・NAGOYA

木工家ウィーク2010・NAGOYAは三回目を開催することになりました。

全国各地の木工家が名古屋に集い、11会場での企画や展示を用意してお待ちしています。
大切な樹木をいただいて、「つくる手と暮らしの木」への思いを発信します。

「暮らしをつくる、生きるをつくる、手から手へ、人から人へ」とつくり手からのメッセージは、今年も元気です。

ゆっくり楽しんで、いい時間を手に入れていただきたいと願っています。

【企画概要】
木工家ウィーク2010・NAGOYAでは、2010年5月8日(土)から23日(日)の約2週間、名古屋中心地区数カ所で、フォーラムや展示会が開催されます。会期中は各会場でマップ付きのパンフレットを配布し、来場者の方には街を巡りながら、小物や家具の作品や、作り手との出会いを楽しんでいただきます。

2010年のテーマは「つくる手と暮らしの木」です。家具の作り手も使い手も「暮らし手」であると位置づけ、木の家具からはじまる豊かな暮らしのあり方を、作り手と使い手がともに考える場を提供します。

木工家ウィーク2010の核となるフォーラムには、日本の家具研究の第一人者であり、「昭和のくらし博物館」館長を務める、小泉和子さんをお迎えします。「日本の家具文化の再生、木の伝統を世界へ発信」を提唱する小泉さんに、多数の映像資料も交えながら、日本人の暮らしと家具のかかわりについて、お話しいただきます。

【開催期間】2010年5月8日(土)〜23日(日)

イベントスケジュール

【会場】名古屋市中心地区10カ所
(栄エリア、文化のみちエリア、八事エリア)
会場マップ

【後援】 愛知県、名古屋市

【主催】木工家ウィーク2010・NAGOYA実行委員会

HTML convert time: 0.711 sec. Powered by WordPress